2008年07月03日

川西モトクロス場モトクロス大会観戦レポ

6月22日
関東大会第6戦
エンジョイモトクロス大会第1戦

十日町川西モトクロス場

リザルト・その他大会スケジュールは、
MFJ新潟>http://www.mfj-niigata.jp/


今回、初めてのモトクロス大会の観戦でした。
ドラマ「ラスト・フレンズ」などの影響で「モトクロスに興味あるけど、見に行けるの?どんなところ?」と疑問に思っている方が多いと思いますので、その目線でレポートしたいと思います。
一名で行って参りました。

*服装*
・Tシャツ
・パーカー
・ジーパン
・スニーカー
(汗や砂で汚れてもいい格好・砂利道、泥道でも動きやすい格好)

*持ち物*
・一眼レフカメラ
・昼食(パン・固形補助食品・ガム・飴などなど)
・飲料水(凍らせた麦茶・自家製お酢レモン炭酸ドリンク各500mlペットボトル1本ずつ)
・タオル3本
・ウェットティッシュ
・日焼け止め
・虫よけスプレー
・温泉(スパ)セット(温泉へ寄る予定だったので)

*あった方がよかったかも*
・キャンプなどで使う、簡易イス
・長靴
・レインコート(上下)
・おしぼり、手や顔が、汗と砂で汚れるので
・帽子(キャップタイプ、日差し&砂埃対策)
・マスク(砂埃対策)
・一応、自販機があったが、飲料水もう少し持ってきた方が良かったかも
・トイレが心配な方は、簡易トイレ



続きへ。。。にレポート(感想)になります。


*レポート*

事前に、メールで入場料など確認をしました。
対応ありがとうございました。
観戦・駐車場も無料とのことで、ありがたく観戦に行くことにしました。

長岡市街地から国道17号線→117号線→49号線で十日町市川西支所を目指しました。2時間30分ほどで到着。
(高速道を使う場合。新潟方面からは、越後川口インター。東京方面からは、六日町インターで降りて、十日町川西地区方面へ進むと良いでしょう。)

川西地区に入ったら、川西支所方面へ、あかね園(福祉施設)・小島屋(お蕎麦屋さん)・千年の湯(温泉)を目指して進む。
私は、川西中学校近くのバス停で道をたずねたら、あかね園の信号を左に曲がって、小島屋まで行って、小島屋の点滅信号を右に曲がるように、親切に教えていただけました。

進んでいくと、長福寺というお寺が見えます。すぐに、モトクロス場の看板がありますので、看板に従って、山道(細い林道)を上っていきます。てっぺんまで登り切ると到着です。

到着すると・・・
すでに、練習走行が開始されていました。
もう少し、早く出てくれば良かったと思いつつ。。。車を止めるところを聞いて停めてました(親切に、この先には満車でココにとめな〜っと教えて頂きありがとうございました)。
広場には、各チームのテントにマシンが準備しています。
本部に挨拶をさせていただいて、本部にへあがらせていただき、カメラの準備がスムーズに来ました。忙しい中、スタッフのみなさん、部会長の牧野さん、ありがとうございました。
さっそく、コースへ。

モトクロスは、ロードレースと違い、スタンド席で座って観戦するものではなく、コースの周辺で迫力あるレースを観戦できるのが魅力の一つ。
アップダウンの激しいコースなのが特徴です。
なかなかコースの全体を把握して見られる場所はなく。
コースを転々。。。
コースについていろんな方に伺いながらコースを回って観戦させていただきました(いきなり、伺っても親切に教えて頂きありがとうございました)。

エンジン音と砂を舞いあげながら走る姿は、とても迫力があり、これは言葉では表現できません。
コースのいろんな観戦ポイントを回ってみました。各ポイントでいろんなライディン、マシンの姿が見ることができました。

いつも街中で見ているバイクと見比べると、これが同じバイクなのか?と思うほどです。




コースを走っているライダーは
まっすぐスピードが出るポイント―
砂を舞いあげながらカーブを曲がり―
急斜面を駆け上がり―
空高く跳びあがり―
しっかりと地面を踏みしめるように着地する。

観戦している自分も
スピードとエンジン音の迫力に圧倒され―
舞あげられた砂をかぶり―
コースから飛び出して来るのではないかと思う迫力―
レースが、今。目の前で行われていることが実感しました。


一人ひとり選手は、自分の個性とマシンの個性を発揮してコースを駆け巡り観戦していても飽きませんでした。




案の定。。。。私は、午前中でダウンしてしまいました。
お昼休み入るちょっと前から、自分の車の中で睡眠を・・・とったのですが、午後はなかなか動けず。帰りの体力温存のため、スタート地点での観戦となりました。
改めて、体力のなさを実感しました(泣)
観戦でへとへとなので、大会運営の方、選手、チームスタッフの方には、尊敬です!!




観戦してみたいけど、初めてで、ちょっと心配な方は、
川西モトクロス場の近くには、温泉もあるので、砂を多少かぶっても帰りに温泉に入って蕎麦を食べに帰ると言う気持ちで、見に来るにも良いかと思います。

ちなみに、私は、一般レベルよりさらに体力が無いので、体力に関する表現は、大会参加者はもちろん。一般の皆さんと比較対照になりません(汗)

トイレが汲み取り式のトイレなので、心配な方は、来場前に済ませて置いてから観戦に来てみるってのも一つの手かと思います。
また、川西地区の街に近いので、お昼に街に降りて昼食ついでにトイレを済ませるのも良いかもしれません。
女性の方で観戦してみたい方は心にとめておいてください。また、女性のお連れの方がいる方は、気を使ってあげてください。


モトクロスは、女性のレース部門があり、チームのスタッフ関係者や大会運営のスタッフさんなど比較的。女性が多いモータースポーツかと思います。

女性の方も、スニーカーもしくは、長靴で日焼け止め対策、熱中症対策をしっかりすれば、観戦を楽しめる大会だと思います♪



以上。はじめて、行った感想でした。
次は、しっかり準備して、勉強して、レースを観戦したいと思います。
【関連する記事】
posted by 宵綾音 at 10:31| 報告・レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。